私「わりとすごい勢いでドアが開いて大型犬くらいのサイズのハチ乃がダダーッて」客その1「牛くらいの大きさだった。突風のようなすごい勢いだった」

501 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 23:22:11.61 5MnX7WXj0.net
ハチ乃はおでこに茶トラのハチワレがある猫だ。背中にも『乃』の字に似た柄があって
それでハチ乃と名付けた。
猫としてはわりと普通の人柄。猫にも人にもフレンドリーで、実は結構賢いところも。
そんなハチ乃の一番の特徴は生霊が飛ぶ(?)こと。

テーブルを挟んで来客と話していると、食器棚の上で寝ているハチ乃が
テーブルの下から覗いたり、尻尾をぴんとたててそばを通ったりする。
子猫の頃からそうだった。外で遊んでいるはずの迷い猫の姿を室内で見たり
玄関のドアを開けた瞬間足元から飛び込んできたはずの子猫が、
家中さがしても見つからなくて首をかしげたものだ。
迷い猫を保護し我が家の猫にしてからも、かなり長い事
その幻猫の正体がハチ乃だとは気づかなかったが。

ある日、友人が三人訪ねてきた。
抜け毛の季節だったのでハチ乃を閉め出してお茶をだす。
ドアをひっかいて入れてくれろと鳴くハチ乃。無視してもしつこく鳴き続ける。
ハチ乃の必死さが伝わってきてそれがどんどん大きくなっていった瞬間、
「来たっ」と客二人がさけんだ。
私も叫んだかもしれない。
ハチ乃がすごい勢いでドアをあけて部屋に飛び込んできたのだ。

だがドアはあいてなかった。
ハチ乃は閉じているドアの向こうで小さく悲しげに鳴いて廊下を遠ざかって行った。
「…今ドアあいてハチ乃さん来たよね?」客その1が言う。
客その2「…うん、来た。いつもよりちょっと大きなサイズのハチ乃さんがピョーンて入ってきた」
私「わりとすごい勢いでドアが開いて大型犬くらいのサイズのハチ乃がダダーッて」
客その1「牛くらいの大きさだった。突風のようなすごい勢いだった」

客その3(猫がドアの外で鳴いて、その後遠ざかって行ったけど、
みんなは一体なんの話をしているの !?怖い)

502 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/09/10(日) 00:19:32.81 F2y/fnOr0.net
ハチ乃は四歳になったある日から帰ってこない。
ハチ乃が帰ってこなくなった数年後、夢を見た。
自転車の前かごに一匹の白黒い猫を乗せて旅をしている夢だ。

好奇心が強くリラックスした元気なその雄猫と何日かかけて到着したのは私の実家。
現実では離れの南向きの六畳間にあたる場所に自転車を止める。
夢の中ではその六畳間は、丈の低い草が生えてやや乾いている気持ちの良さそうな草原だ。
草むらの中からハチ乃があらわれた。

ハチ乃と目が合った瞬間、
その草原は猫の天国で、死んですぐの猫はみなそこへ行き、心や身体の傷を癒すこと、
ハチ乃はじめ私と縁のあった猫達は、傷が癒えたあともそこで私を待つこと、
だから私が死んだときはその猫の天国に立ち寄ってぜひみんなと会ってほしいこと、
「あなたに会えるのをみんな楽しみにしています。今生きているあなたの猫達が
亡くなっても私がここへ案内しますから安心して立ち寄ってください」
ハチ乃の瞳が私にそう伝えてきた。

自転車の前かごから白黒い猫が飛び降りてハチ乃にかけより、
2匹がお互いの匂いをかいで草原の中に消えていったところで目が覚めた。
その夢を見た数日後、夫は職場で私の実家近くの支店へ転勤が打診された。
私実家は農業をやっていて、前の年に結婚してゴールデンウィークに帰省した際
農作業を手伝って、それが大変気に入っていた夫は転勤を承諾、
私の実家へ引っ越して離れに夫婦で住むことになった。
そこは夢の中で猫の天国があった場所だ。

夫に例の夢の話をしたら
「その白黒い猫の柄と特徴は、僕が初めて飼った猫とそっくりです。偶然ですね」と
少ししんみりしていた。

506 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/09/10(日) 09:38:08.60 mSS9G7OJ0.net
>>502 
ハチ乃は4才で死んじゃったの?
なんか心霊ちょっといい話思い出す。
時々まとめサイト読んで泣くわぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする